この日記はある日突然ダイエットをしたいと言い出した小学生高学年の娘との、3年以上に渡る戦いになります。

スポンサーリンク
芸能人の爆買い目撃

10057

近年、体型を気にする小学生が増えてきています。
自分も昔は小学生でしたので、体型が気になるときが一時的にありました。
そして、今でも小学生の時から気になっている体型はそのまま残っています。

今と昔の親の事情
自分も今、親となり子供を育てている途中です。
とにかく好きな物しか食べないし、その日によって食事の量も変動するので、内心困りながら食事のメニューを作っています。
おかわりして食べてくれると親としても嬉しいですが、たいていは途中で残します。
食前に喉が渇いていたから、水をたくさん飲んで食べられないのかな・・・
そんなことを考えて、『じゃ、ここまで食べようね』と会話をしてお互いに納得します。

でも、自分の時にはそこまでやってもらえたかな・・・とふと思うのです。



自分の親が育った時期は第一次ベビーブーム。
戦後の食糧難の時期を抜け、高度成長期に向かっているところです。
それこそ、野菜がメインの食卓で、肉や魚が毎回並ぶ家は中流でも良い方な家庭です。
だからこそ、食べ残しする意味が分からない。
食べないということがわからないのです。

そんな方々が大人になったのです。
母はどちらかというと食が細い自分にに食べ残しすることを禁止させました。
体調が悪くて食事を残した時にはこっぴどく怒られました。
ましてや、好き嫌いなどは認められません。

唯一救いだったのが大皿で食卓に出される家庭だったので、苦手なおかずはちょっとだけ食べた後が残っていれば責めたれられないということでした。
それでも、なんとなくの親の勘でしょうか・・・
『○○食べたの?』
と聞かれることもよくありました。
だから、痩せたいからご飯の量を減らすということは全くできなかったです。

中学、高校も文化部にいたので、運動量が増えることもなかったため食べたもののカロリーがそのまま体内に蓄積する状態になりました。
それでも、中学、高校は成長期という親の知識と経験の元、お腹が大して減っていないのに食事の量を食べることを望まれました。
結局、かなり顔も丸く、太っていました。

太っているとですね・・・基本的に動くことが面倒になっていくんですよ。
ぽっちゃり体型と言われる体型です。
別に運動をすることが嫌いというわけではないのです。
ただ、ちょうどバブルが弾けた頃だったので、お金を出してもらうのが忍びないという気持ちが若干あったのです。
ある日、いつもと同じように学校に行くと、いつも冗談を言い合っていた友達が、親の会社が倒産したと言う時期です。
残業で帰宅が遅かった父親が、平日の夜なのにもかかわらず、一緒に食卓を囲んでいる日が日常化してきているのです。
学費を出してもらっているということだけで、それ以上望んでいいのだろうかという気持ちがありました。
まだ、10年近く・・・学費を出してもらわないといけないという気持ちもありましたね。
当時は自分で学費を稼ぐと言う感覚は友達間でもなかったです。
アルバイト禁止の学校が多かったですから。

今は、アルバイト許可が出る学校も多いですよね。
また、インターネット経由で自分で小遣いを稼ぐ方法を学ぶ方も多いですね。

だからと言ってはなんですが、インターネット経由で小学生ながらも自分が魅力的と思う体型を維持したい、作りたいという考えの元、ダイエットをしたいという考えをもつことも理解はできます。
大量に情報が溢れている中のひとつの情報ですからね。
でも、そのダイエットは成人した大人向けではありませんか?
これから成長期を迎える人間にとってはちょっと刺激が多すぎる内容ではありませんか。



小学生のあなたからみておばあちゃん世代の60歳代、70歳代の方からの意見だと、何でも食べなくてはならないになります。
でも、現在の親世代においては、ダイエットについてちょうど悩んでいる時期でもあります。
何でも食べなさいということに若干の疑問を持っている世代でもあります。
ダイエットをしてみたいと思ったら、まずはご両親に相談してみましょう。
今は中学生となった娘も、ダイエットしたいと母である私に宣言しました。
もちろん、即時に毎日10キロ走ってこい!と、却下しましたけれどね。

きっと、よいアドバイスをもらえる可能性があります。
でもその前に、せっかく最後まで読んでくれたので、自分が過去に行ったダイエット方法をお伝えします。
ただし、個人の体質により結果が出にくい可能性もありますから、ご理解してください。

小学生がダイエットをしたい。世間の目はどういう視点?

多くの方の意見としては、これからが成長期になるのだから、ダイエットは行ってはいけないという意見が多いです。

しかし、現在ダンスにはまっている中学生の娘は手足が細くないと見栄えが良くない。
体が重いとキレが出ないと理屈を言います。
太っているママにもパパにもこの気持ちはわからない。
ダイエットを行うにあたり、理由は星の数ほどありますが、一番の要因はこれでした。

そして、食事面から見直すダイエットを始めました。
でも、自分は娘に内緒で一工夫。
娘との戦いに勝つため、これで最後のダイエットにするため、
ベルタ酵素を飲んで脂肪燃焼しやすい体作りも平行して始めました。



スポンサーリンク
芸能人の爆買い目撃

10057

芸能人の爆買い目撃

10057

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする